はじめまして!マイラブファームです!

マイラブファームは、千葉県千葉市で無農薬・自然栽培を行う、
2017年8月にスタートした農園です。

「農」は人の心と体をすこやかに、地球にやさしく、また社会の問題をも解決する可能性を持っています。

私たちはそんな魅力に引き寄せられ、マイラブファ-ムをはじめました。

愛する人を思う心。
すべての命をつなげてくれる地球への愛。
大切なあなたに、愛をこめて。

「マイラブファーム」という名前には、そんな思いをこめました。

安心安全、栄養たっぷり、野菜本来のおいしさいっぱいの大地の恵みで、
みなさまが、愛する人たちと、心身ともにすこやかで、ハッピーな毎日が送れるように。
これがマイラブファームの願いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

マイラブファーム
山際 伸二郎・佐智子(やも&さち)

マイラブファームのこだわり『7つのラブ
 
無農薬・自然栽培
マイラブファームでは、『無農薬』で、有機肥料もほとんど使わず、農園内の生態系を循環させて育てる『自然栽培』を行っています。
戦後まもない頃に比べ、現代の野菜の栄養価は5分の1前後まで低下したというデータもあり(文部科学省「日本食品標準成分表」より:リクルート社ゼクシィキッチン記事など参照)、野菜のもつ本来の力を引き出すのに、昔ながらの農法で育てるのが一番と私たちは考えました。
自然栽培で育てた野菜は、多少の虫食いもありますが、安心安全で栄養たっぷりです。
 
固定種の伝統野菜
マイラブファームでは、古来から種を採り続けながら子孫へ受け継いできた『固定種』の『伝統野菜』を育てています。現在流通するほとんどの野菜は、複数の親種からの交配によって、最初の1代目の子だけが均質な作物になる『F1交配種』が主流となっています。
『固定種』の野菜は、『F1交配種』に比べて個体差が大きく、形も整ったきれいなものばかりではありませんが、できるだけお客さまへの内容量が均等になるように調整し、お届けします。
 
味が強く、雑味のない、野菜本来のおいしさ
こうしてマイラブファームで育てた野菜たちは、安心・安全で、栄養たっぷりな上、味が強く、雑味のない、野菜本来のおいしさとなります。「味が強い」とは、「味が濃い」や「味が深い」とも少し違う、はっきりとした味であり、「雑味のない」とは、苦味やえぐみが少なく、自然の甘みとうまみが口の中で広がり、食べた後には舌にざらっとしたものが残らない、そんな食感です。
 
土つきで、とれたて野菜を畑から直送
マイラブファームでは、とれたての野菜をそのままの鮮度で召し上がっていただきたく、十分な点検や調整を行った上で、水洗いせず、土つきで畑から直接お届けします。
いろいろな農園から集めて、まとめてセットにして送るのではなく、全部マイラブファームで育てた野菜を、その日のうちに農園で箱に詰めて直接お届けしますので、最短1日たらずでみなさまのお手元に到着します。
 
5自家採種で命をつなげる
マイラブファームでは、できるだけ自分たちの手で種を採って野菜の子孫を育て、ありがたくいただきながら、古来から受け継いだ命を未来につなげてゆきます。
 
6自然栽培野菜を一人でも多くの人に
マイラブファームでは、一人でも多くの人に自然栽培の野菜を食べてほしいという思いから、より身近に感じられるように、大手スーパーなどの有機野菜価格を参考に、独自で定める「マイラブファーム単品基準価格」より、送料負担に見合うよう野菜の増量やクーポンのプレゼントなど、できるだけお求めやすいように努力して参ります。
 
7マイラブファームの願い
 
「大切なあなたに、愛をこめて」
 
その言葉の通り、
マイラブファームの野菜を食べてくださったみなさまが、
愛する人たちと、心身ともにすこやかで、ハッピーな毎日が送れるように。
これがマイラブファームの願いです。

マイラブファームは、この『7つのラブ』へのこだわりのもと、安心安全で栄養たっぷり、野菜本来のおいしさいっぱいのとれたてお野菜を畑から直接お届けしてゆきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

with L.O.V.E

2019年の抱負
 
💛もっと満足してもらう❣
自然栽培ならでは、マイラブファームならではの、安心安全、旬の美味しいお野菜をスーパーや市場では買えない、野菜たちを育てて満足をお届けしたいと思います。送料負担軽減のおまけや特典、企画、畑ツアー、自主イベントなど、いつもワクワクするような体験ができるようにしたいと思います。マイラブファームのお野菜を使ったお料理やつけもの、スイーツ、ジャム、スムージーなど研究をして、みなさまにお届けできるようにしてゆきたいと思います。
またマイラブファームカフェや移動店舗をもち、子どもたち、老若男女のコミュニティスぺース、語らいの場づくり、地域的、福祉的な取り組みを少しづつ行ってゆきたいと思います。
 
💛もっと伝える❣
マイラブファームの今、旬を伝えること、食の安全、遺伝子組み換え食品、種子法のこと、食育に関すること、社会に対して、地球に対して思うことなどの情報を発信してゆきたいと思います。
 
💛もっと知ってもらう❣
今年3月、塩見直紀さん、吉度ちはるさん編著にょる「半農半Xのいまとこれから」に半農半Xの1ケースとしてマイラブファームを掲載いただきます。これを機に、たくさんのメディアに取り上げていただき、わたしたちの生き方、思い、伝えたいことを伝えてゆきたいと思います。自然栽培の作物を、どうしてもほしいという人が全国にたくさんいます。このような方々ともつながって、お届けしてゆけたらと思います。
 
今年もみなさまが大切な人たちと健やかでハッピーな毎日を過ごせますように。
マイラブファームをどうぞよろしくお願いします❣
 

2019年1月
マイラブファーム
やも&さち

作付方針・作付一覧

◆作付方針◆
『自然栽培』
無農薬・無化学肥料、農場内の草木や生物の循環のみで土を育て、外部からの有機肥料も用いない。

トラクター耕転せず、鍬だけで畝を起こし、化成品によるマルチを使わず自然の敷き草を用いる固定畝により生物相を維持。
現在はビニールハウス、ポリトンネルなどの化成品による資材は適宜用いるが、可能なところから竹材などの自然素材に移行してゆく方針。

 
『固定種・在来種』
種はすべて『固定種・在来種』特に
東京~千葉に発祥・ゆかりのある伝統野菜を中心に。
主産地・採種地は東京・千葉県内→関東周辺→日本国内→海外の優先順位で銘柄選定を行う。

『自家採種』
毎作少しづつ作目選定して自家採種を行い、マイラブファーム固有の在来種として育成する。

◆作付一覧(2018年秋冬作)◆


葉菜:
キャベツ「サクセション」、紫キャベツ「レッドエーカー」、白菜「松島純二号」、ブロッコリー「ドシコ」、カリフラワー「野崎早生」、ロマネスコ「ミナレット」、芽キャベツ、「コールラビ「ノリコ」、コールラビ「アスルスター」、小松菜「東京黒水菜」、法蓮草「日本ほうれん草」、法蓮草「あかねほうれん草」、
法蓮草「ノーベル法蓮草」、春菊「大葉春菊」、春菊「中葉春菊」、水菜「千筋京水菜」、青梗菜、タァサイ、韮「大葉ニラ」、レタス「サニーレタス」、ロメインレタス「コロッセオ」、結球レタス「サリナス」、チコリー「ヴェネチア」

根菜:
じゃがいも「アンデスレッド」、じゃがいも「出島」、さつまいも「安納芋」、さつまいも「紅はるか」、さつまいも「シルクスイート」、里芋「石川早生」、大根「亀戸大根」、
大根「三浦大根」、大根「大倉大根」、大根「カザフスタン大根」、蕪「金町小かぶ」、人参「黒田五寸人参」、人参「春まき五寸人参」、人参「沖縄島人参」、人参「京人参本紅金時」、人参「鮮紅長人参」、人参「パープルスイート」、人参「パースニップ」、玉葱「地球アップ一号」、玉葱「ジェットボール」、玉葱「奥州玉葱」、玉葱「湘南レッド」、ごぼう「滝野川大長牛蒡」、ごぼう「大浦太牛蒡」、ラディッシュ「カラフル5」、ビーツ「デトロイトダークレッド」、ビーツ「ゴルゴ」、ビーツ「ルナ」


豆菜:
らっかせい「千葉半立」、枝豆「三河島枝豆」、絹さや「つるなし赤花絹莢」、そらまめ「千倉一寸そらまめ」、えんどう豆「フルーツスナップエンドウ」、えんどう豆「ツタンカーメンのえんどう」


果菜:
トマト「愛知純系ファーストトマト」、トマト「世界一トマト」、ミニトマト「ミニトマト」、とうがん「沖縄とうがん」

ハーブ・薬味・香草:
ねぎ「下仁田葱」、ねぎ「九条太葱」、ねぎ「九条細葱」、鷹の爪、
生姜、ミョウガ、ルッコラ「ロケット」、セルバーティカ「ローマ」、赤からし菜、黄からし菜、スイスチャード、パクチー

農場について

マイラブファームは、千葉県千葉市花見川区で10年以上も不耕作となっていた約50アールの農地を借り受け、2017年6月25日に開墾を始めました。背丈以上の野草が生い茂り、クズがびっしりと根を張った地面は、自然の滋養たっぷりで、自然栽培を行ってゆくのに好都合と思い、覚悟のもと、同年8月29日に開墾を終え、「僕たちのネバーランド」マイラブファームを開園しました。
 

マイラブファームがある千葉県千葉市花見川区畑町は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場予定地である幕張メッセや千葉マリンスタジアムのある海浜幕張から北に10kmほど離れたところにあります。
花見川区は千葉市の北西部に位置し、南北に長い形状をしています。
千葉市6区の中でも人口が多く、約18万人の人々が生活しています。

 

区のシンボルである「花見川」は緑豊かな河川空間を形成しており、流域には自然に囲まれたのどかな風景が広がっています。この花見川流域に広がる農地では、野菜を中心とした都市型農業が営まれ、農業が盛んな千葉県の生産地のひとつとなっています。 
 

花見川区は下総台地の中西部にあり、花見川・浜田川・勝田川などの河川と多くの水路によって削られた台地に、大小の谷地が分布する肥沃な土壌に、水田や畑が広がっています。南隣の美浜区はかつては海岸であり、花見川の台地から海を見下ろすことが出来たそうです。 参照:ジオテック
 

周辺には、「蕃薯考」を著し、さつまいも普及の第一人者となった青木昆陽が、享保20年(1735年)、八代将軍徳川吉宗の命によりさつまいもを試験栽培し、成功した場所「青木昆陽甘薯試作地」もあります。
 
マイラブファームは、このように幕張副都心にほど近い都市部にありながら、幸運にも残された豊かな自然環境の中で、無農薬による自然栽培を行っています。

運営者について

マイラブファームを運営している私たち、「マイケルやも&さち」こと山際伸二郎・佐智子は、それぞれ農業、福祉業界に従事しながら、昨年就農し、マイラブファームを開園しました。
 

私たちは、世界一有名なエンターティナーであり、世界一チャリティ活動を支援したポップスター、マイケル・ジャクソンを敬愛し、彼の愛と平和へのメッセージを受け継いでゆきたいとさまざまな社会活動を立ち上げ、東日本大震災の復興支援やチャリティ・コンサートなど行ってきました。

そして彼が生涯をかけて伝えたかったメッセージ「Heal The World」を私たちなりに形にしようとした時、それがマイラブファームになりました。

 

就農にあたっては、千葉県千葉市若葉区にある有機農家「しげファーム」山本茂晴さん・美香さんのもとで2016年6月18日から2017年6月18日までの1年間、農家修行を行いました。

しげさん・美香さんと半農半マイケル姿で。
>>しげファーム

 

マイラブファームの野菜たちも、マイケル・ジャクソンはもちろん、ジョン・レノン、ボブ・マーリーなどのLove&Peaceな音楽を聴きながら日々育っています。
 
マイラブファームでは、音楽ライブや社会活動とリンクした、「私たちならでは」の農のスタイルで、無農薬・自然栽培による野菜をお届けしてゆきたいと思っています。
 
>>マイケルやも
>>Let's Heal The World Together!世界中みんなでHeal The World!

イベント情報

各種イベントや、出店情報をお知らせします。

ブログ

畑日記やイベント報告など、日々のマイラブファームをお伝えします。 
マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜
【初回限定】
送料無料おためしセット
1,500円(税込)

SML3サイズ選べる
とれたてマイラブセット

おとくな定期購入セット
毎週で10%隔週で5%off
うれしいおまけつき!